スマートフォン用の表示で見る

斯波兼頼

一般

斯波兼頼

しばかねより

南北朝時代の武将。

斯波家兼の次男。

1356年、出羽探題として、山形に入部。

以後最上氏と称して戦国時代に至った。