スマートフォン用の表示で見る

死して咲く花、実のある夢

読書

死して咲く花、実のある夢

ししてさくはなみのあるゆめ

神林長平の小説。


死の定義に情報理論を盛り込んだ論理展開により、話が進んでいく、

この世には二種類の人間がいる。

死んでいることに気づいている者と、そうでない人間の、二種類。

自分の死に気づいている者は、当然ながら死んでいる。

死んでいることがわかっていない人間は

生を信じるがゆえに、やがて死を受け入れざるを得ない。

ようするにこの世は死者でいっぱいだ。

死して咲く花、実のある夢早川書房