スマートフォン用の表示で見る

死神博士

テレビ

死神博士

しにがみはかせ

1971年に放映が開始された等身単独ヒーロー系特撮番組「仮面ライダー」に登場した世界征服を目論む国際秘密組織「ショッカー」日本支部2代目大幹部。

初代大幹部であるゾル大佐の戦死をうけてスイス支部から着任したが、任期中に十分な業績を残すことができず、地獄大使に任を譲る。その後も、地獄大使指揮下の日本支部に、幾度か来日して独自の作戦を行う。最後は自らが怪人「イカデビル」となって仮面ライダーと対決したが、ライダーきりもみシュートをまともに受け、地面に直撃して憤死した。

名優天本英世氏の当たり役のひとつで、悪の「マッドプロフェッサー」たるものかくあるべし!という絶対的価値基準を1960年代生まれの子供たちの脳裏にしかと刻み込むとともに、氏のイメージを(特撮ファンに対して)決定付けた。なお、天本氏は1926年生まれなので、当時まだ40代だったはずである。

(ただ本人は、この役のイメージが役者としての自分に定着するのを嫌がっていたフシが見られる)

余談

このキーワードを収める適当な「カテゴリ」が無いのだが、「映画」カテゴリを「映画・テレビドラマ」とするか、「アニメ」カテゴリを「アニメ特撮」に拡張したほうがよいように思った。