スマートフォン用の表示で見る

私の履歴書

読書

私の履歴書

わたくしのりれきしょ

一人が一月かけて自分の来し方を語る、日本経済新聞の連載企画。経済紙ではあるが、その人選は経済人に限らない。

トリビア

その1
私の履歴書」では、執筆後、単行本にされるケースが多いが、実は、テレビ化されたことがある。1987年から1991年までテレビ東京系で 4年間放送された。
その2
1989年5月に執筆した昭和電工会長だった鈴木治雄は、このコラムの愛読者であることを最初のところで、自ら書いてる。
その3
2007年7月号の「文芸春秋」に城山三郎が「私の履歴書」を書く予定だったことを紹介。未完になった原稿を紹介された。この城山三郎の「私の履歴書」は、単行本「嬉しうて、そして…」で読むことができる。
嬉しうて、そして…
その4
その1の補足だが、2013年4月からテレビ東京系列のBSジャパンにて日経スペシャル「私の履歴書」を放送。1987年から4年間放送されたこのコラムの執筆者をもとに原作の忠実に追いながらインタビューする。ただし1ヵ月に1人にわたって登場する。
その5
ウィキペディアでの誤植だが、1987年4月から1年半、このコラムの執筆者を登場してその足跡をたどった。主に文化人や経済人が登場。(第1回は本田宗一郎で最後は水上達三だった)また、1988年10月から別バージョンだったが、時々「私の履歴書」に執筆した人に登場した。これらは、横浜放送ライブラリーで視聴できる。(1987年4月からの1年半はすべて見ることができる) また、その放送時(特に1987年からの1年半)には日本経済新聞ラテ欄にもその番組を紹介してる。1987年4月から1年半は朗読を樫山文枝(別バージョンでも朗読を担当)。ナレーションを平光淳之助だった。2013年4月からBSジャパンで放送されてるものはナレーションと朗読を長谷川博己が担当。また、スペシャル版では長谷川博己が実際に登場して、「私の履歴書」を執筆した人を紹介した。

1997年の登場人物

  1. 渡辺格慶應義塾大学名誉教授)
  2. 杉下茂(野球解説者)
  3. 山路敬三(日本テトラパック会長)
  4. 八城政基シティバンク在日代表)
  5. 田辺聖子(作家)
  6. 山中貞則衆議院議員
  7. 飯田善国(彫刻家)
  8. 池部良(俳優)
  9. 孫平化中日友好協会会長)
  10. 福原義春資生堂会長)
  11. 坂倉芳明三越相談役
  12. 淀川長治(映画評論家)

1990年以前の登場人物

*1:2012年7月16日に6代目桂文枝襲名桂三枝としては最後の執筆作品となる

*2:2012年11月16日の政界引退した直後の執筆であった