私淑

一般

私淑

ししゅく

直接教えを受けていない人を師と仰ぐこと。著作などを通じて傾倒し、学ぶこと。

孟子」離婁下の(孟子孔子の門人として教えを受けることはできなかったが、)「私(ひそ)かにこれを人よりうけて淑(よし)とするなり」から。