紫の上

読書

紫の上

むらさきのうえ

源氏物語「若紫」の巻で、光源氏と出会う。

ちなみに若紫とは紫の上の幼名。

たまたま療養に行った山で出会い、源氏に連れ去られる。

そして子供の頃から源氏の思い通りの女性に育てられ、

源氏の正妻である葵の上の死後、結婚する。

源氏が彼女を連れ去った理由は思い人、藤壺に似ていたから