スマートフォン用の表示で見る

紫香楽宮跡

地理

紫香楽宮跡

しがらきのみやあと

紫香楽宮跡は、滋賀県甲賀市にある遺跡。国の史跡に指定。

概要

香楽宮は、奈良時代中頃に聖武天皇が造営した都。

天皇平城京で政治を行なっていたが、740年10月末に奈良の都を離れ、年末には恭仁京を造り始めた。

恭仁京の建設が進められている間、恭仁京から甲賀郡紫香楽村に通じる道(恭仁東北道)が開通し、天皇は紫香楽村に離宮を造り始めた。

天皇は、742年8〜9月、同年12月〜翌15年正月、15年4月、同年7月〜11月初めと、この離宮へたびたび行幸し、離宮の建設を励ましている。

このように、一方では恭仁京を造りながら、同時にもう一つの離宮紫香楽宮の建設を進めたため、財政は逼迫し、743年の年末には、それまで足掛け4年間続いてきた恭仁京の建設事業が停止された。

744年になると、朝廷では難波宮を都にする準備を進め、早くも2月末には正式に難波を都と宣言した。

ところが、紫香楽宮の建設は引き続き進められ、743年10月に天皇紫香楽宮で「大仏造顕の詔」を発し、甲賀寺の建設と大仏造りに着手する。

そして744年11月には甲賀寺で大仏の骨組みとなる体骨柱(中心柱)を建てる儀式が行なわれ、太上天皇(前天皇)も難波宮から紫香楽宮へ到着するなど、紫香楽は活気に満ちていった。

その勢いが持ち越された745年正月、紫香楽宮は「新京」と呼ばれ、宮殿の門前に立てるのが習わしの大きな楯と槍が立てられ、ようやく、紫香楽宮は正式な都になった。

しかし、4月になると、紫香楽宮甲賀寺周辺の山々でしきりに火災が起こり、さらに美濃国(岐阜県)で起きた大地震余震と思われる地震が相次いだことから、5月には早くも都が平城京へ戻ることになった。

紫香楽宮は、このように数年間めまぐるしく平城京恭仁京難波宮紫香楽宮平城京と都が移り変わった時期に、ごく短期間存在した都であある。