スマートフォン用の表示で見る

紫綬褒章

一般

紫綬褒章

しじゅほうしょう

[英] Medal with Purple Ribbon

紫綬褒章は、日本の褒章の1つ。

「学術、芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい者」に授与されることとされているが、現在では、学術、芸術分野のみならず、スポーツ分野の功労者にも授与される。

また、2002年の栄典改革により、「紫綬褒章については、年齢制限を撤廃し、科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術分野における優れた業績等に対して、速やかに表彰する。」とされ、従来50歳以上とされていた年齢制限が撤廃された。これを受け、2004年以降のオリンピックにおいて金メダルを獲得したすべての選手に紫綬褒章が授与されている。

また、団体に対しては、「2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表」「2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表」「2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表」に授与されている。