スマートフォン用の表示で見る

紫色

キーワードの候補

2件

コンピュータ

紫色

むらさきいろ

カラーコードは

#A757A8 ________________________________________________________________________________

#A260BF ________________________________________________________________________________

#9370DB ________________________________________________________________________________

#EE82EE ________________________________________________________________________________

#C71585 ________________________________________________________________________________

など

基本16色は

Purple ________________________________________________________________________________

Fuchsia ________________________________________________________________________________

アート

紫色

むらさきいろ

日本では古代より特別な意味を持つ色。

聖徳太子の活躍した時代に、冠位にあわせて色が定められたときも、最上位の地位を象徴。

平安時代になると、さらに賛美されるようになって、高い位の象徴というだけでなく、

気品や風格、艶やかさといったさまざまな美しさを備えた色として尊ばれた。

欧米では不安や嫉妬といったネガティブなイメージもはらんでいるが、

人間は気分が沈んだとき、情緒不安定なときには無意識に紫を身の回りに配置する。

紫は心や体が傷ついたときの「いやしの色」なのである。

そして高級感を打ち出すのに最適な色。青の冷たさと、赤の色気が複雑に絡み、高貴なムードを生み出す。

西洋では「死」を意味することもある。

追記

古代地中海世界では、「貝紫」という、アクキ貝科の貝から得られる希少な染料(1グラム得るのに2000個とも3000個とも言われるほどの数の貝が必要とされる)が珍重され、紫色はローマ帝国時代には皇帝しか身につけることを許されぬ色となった。

また、古代中国でも、秦漢時代には、紫は五行思想北極星信仰などと結びつき、皇帝の住まいを「紫極」「紫宸」などと呼ぶようになったことからもわかるように、やはり皇帝の色とされた。(紫禁城も同様のネーミングである)

上記とは矛盾するが、特に「日本だけで紫が珍重されていた」というわけではないと考える方が妥当であろう。