スマートフォン用の表示で見る

視覚障害者誘導用ブロック

一般

視覚障害者誘導用ブロック

しかくしょうがいしゃゆうどうようぶろっく

盲人などの視覚障害者を安全に誘導するために地面や床面に敷設されているブロック(プレート)。「点字ブロック」の名でも知られる。ただし、通常の意味での点字は使われていない。なお、安全交通試験研究センター登録商標第4569872号は、「財団法人安全交通試験(改行)研究センタ−の点字ブロック」であり、「点字ブロック」という登録商標ではない。

同センターの初代理事長である三宅精一が友人の失明をきっかけに1965年に発案・発明し、1967年3月18日、岡山県岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設された。その後、歩道・鉄道駅公共施設だけでなく通常の商店の出入り口付近、横断歩道の手前だけでなく車道の横断歩道部分にも設置が進んでいる(「エスコートゾーン」)。また、諸外国の公共施設などでも敷設されているが日本ほど多くはない。