スマートフォン用の表示で見る

資源エネルギー庁

社会

資源エネルギー庁

しげんえねるぎーちょう

英文表記:Agency for Natural Resources and Energy

資源エネルギー庁は、東京都千代田区霞が関1丁目の「経済産業省別館」にある、経済産業省外局

1973年の第一次オイルショックを契機に、当時の通商産業省鉱山石炭局と公益事業局を統合する形で1973年7月25日に設立

経済産業省設置法 第十六条
資源エネルギー庁は、鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保並びにこれらの適正な利用の推進を図ること並びに産業保安を確保することを任務とする。


リスト::中央省庁