スマートフォン用の表示で見る

資本金

一般

資本金

しほんきん

→資本

会社の運営の基礎として、出資者が提供した扱いとする金額。会社法の第三節、第四百四十五条から第四百五十一条において規定される。

もともとは泡沫会社の乱立を防ぐために導入された制度で、一定額以上の責任財産を会社に保有させるという意味合いがある。

株式会社資本金は、時価発行増資をした場合は、発行済み株式×額面とは一致しなくなる。