事故物件

一般

事故物件

じこぶっけん

何らかの事故が起こった不動産物件。一般的に忌み嫌われる傾向にあり、実際に物件価格が安くなる傾向にある。

一方、それらの事実を気にしない人にとってはお値打ちな物件といえる。

  1. 自殺や殺人事件、死亡事故孤独死などがあった物件
  2. 過去に火災や水害による被害
  3. 指定暴力団組織が近隣に存在する
  4. 宗教的施設の跡地に建てられた
  5. 過去に井戸が存在し、埋め戻して建てられた
  6. 火葬場やゴミ処理施設などの嫌悪施設が近在する
  7. 登記簿謄本に記載された権利関係がややこしい物件

見分け方・調査方法

  1. 契約の際、事前に不動産業者に直接問い合わせる
  2. 物件の近隣住民に尋ねてみる