児童手当法

社会

児童手当法

じどうてあてほう

日本の法律

第一条
この法律は、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会をになう児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的とする。