寺田周平

スポーツ

寺田周平

てらだしゅうへい

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダーセンターバック)。

1975年6月23日生まれ。神奈川県横須賀市出身。身長189cm、体重80kg。

大学卒業時にはマリノスへの入団が決まっていたが、メディカルチェックで弾かれ一年浪人した。

1999年に当時J2の川崎フロンターレに入団した。

その後も怪我に悩まされ出場試合数は少ないが、歴代監督の評価は高い。

2003年の終盤に復帰。

2004年からはコンスタントに出場を続ける。

2008年、サッカー日本代表に初選出。5月27日のキリンカップパラグアイ戦で、32歳339日で国際Aマッチ初出場を果たした。

両膝を手術するなど晩年も怪我に悩まされ、2010年シーズン限りで現役を引退した。