寺脇研

一般

寺脇研

てらわきけん

1993年の中学生の業者テスト廃止に際して「ミスター偏差値」の異名をとる。

その後「ゆとり教育」を推進者・スポークスマンとしてマスコミにしばしば登場し、文部行政を広く知らしめる役割を担った。

その後「ゆとり教育批判」を受けて文化庁文化部長と教育業績の一線から外れ、2006年4月には更に大臣官房広報調整官に降格される。

2006年11月10日付で文部科学省を辞職。

映画評論家としても有名。