スマートフォン用の表示で見る

持分法適用関連会社

社会

持分法適用関連会社

もちぶんほうてきようかんれんがいしゃ

持分法適用関連会社とは、原則として、被投資会社(親会社)の株式議決権所有比率が20%以上50%未満の非連結子会社関連会社のこと。通常、「持分法適用会社」と略される。

一般に、持分法適用関連会社の最終損益を出資比率に応じて本体企業の連結決算に反映し、持分法適用関連会社への投資が本体企業の収益にどれくらい貢献したかを見ることができる。

親会社にとって、重要性の乏しいものについては「持分法適用関連会社としない」ことも認められている。