スマートフォン用の表示で見る

時間外労働

一般

時間外労働

じかんがいろうどう

 就業規則等で定められた労働時間を超えて労働すること。残業。

 労働基準法第36条に基づき、使用者と労働者の過半数で組織する労働組合又は事業場の労働者の過半数の代表者とが時間外労働休日労働について協定を書面で締結し行政官庁に届け出た場合(いわゆる三六協定)、使用者は雇用者を時間外労働に従事させることが認められる。

 時間外労働を行った場合、使用者は雇用者に通常賃金の25%以上50%以下の割増賃金を支払わなければならない。