スマートフォン用の表示で見る

自作パソコン

一般

自作パソコン

じさくぱそこん

既製のパソコンではなく、バラバラにパーツを購入し、自分で組み立てて作るパソコンのこと。

自作するメリットは、高性能なパソコンが比較的安価に手に入れられることと、自分の用途に適したパソコンになるという点。デメリットは作成に手間がかかり、知識が必要なことと故障の際メーカなどの保証が受けられない点。また、プリインストールソフトが無いため、ソフトを必要に応じて購入する必要があり、場合によっては既製品より高くなってしまうことがある。

必要なもの

CPUマザーボード、メモリ、ハードディスク光学ドライブ 、PCケース、ディスプレイキーボードマウスOS、ケーブル類、工具、ねじセットなど

大まかな手順

  1. 必要なパーツを揃える
  2. 部品をとりつけて配線する
  3. BIOSを設定する
  4. OSインストールする