自然再生推進法

社会

自然再生推進法

しぜんさいせいすいしんほう

日本の法律

(平成十四年十二月十一日法律第百四十八号)

過去に損なわれた里地、里山等の二次的自然を対象として、その自然環境を取り戻すため、行政機関、地域住民、専門家等多様な主体の参加により行われる自然環境の保全、再生、創出等の自然再生事業を推進する。

(目的)

第一条
この法律は、自然再生についての基本理念を定め、及び実施者等の責務を明らかにするとともに、自然再生基本方針の策定その他の自然再生を推進するために必要な事項を定めることにより、自然再生に関する施策を総合的に推進し、もって生物の多様性の確保を通じて自然と共生する社会の実現を図り、あわせて地球環境保全に寄与することを目的とする。


以下、略