自然選択説

サイエンス

自然選択説

しぜんせんたくせつ

進化論の一つ。自然淘汰説ともいう。

チャールズ=ダーウィンにより、『種の起源』で提唱された。おそらく、最も有名な進化論

生物進化を説明するうえでの根幹をなす自然過程を指摘した考えであり、生物がもつ性質が次の3つの条件を満たすとき、生物集団の伝達的性質が累積的に変化する。

・親から子に伝えられる(遺伝)

・個体間に違いがある(変異)

・性質の違いに応じて次世代に子を残す能力あるいは効率に差が生じる(選択)

淘汰が起きる原因は,生物が本来備える繁殖力が概して環境の収容力を超えるために,生まれた子どもどうし,または他の生物との間で生存競争が起きるためだとした。

また、一見その形質が生存に有利ではなくても、配偶者に対するアピールとして進化した形質(クジャク雄の羽など)は配偶者選択と呼ばれる。