スマートフォン用の表示で見る

自動車重量税

社会

自動車重量税

じどうしゃじゅうりょうぜい

1971年に施行された自動車重量税法に基づき、検査自動車及び届出軽自動車に対して課される日本の税金国税である。重量によって税率が違う。

原則として、印紙を所定の書類に貼り付け納付する。自動車を購入する時や車検の時に納付することが多い。その四分の一は、道路建設などの道路関係の費用に使うことを目的に市町村に譲与される。