自由と繁栄の弧

一般

自由と繁栄の弧

じゆうとはんえいのこ

自民党政治家麻生太郎外相時代に提唱した国際戦略。

韓国アメリカオーストラリアインド、など自由主義民主主義市場経済の国家が連帯を強め、ユーラシアから太平洋につながる協力関係強化を図る。


基本的な構想は麻生太郎著で、一冊にまとまっている。

自由と繁栄の弧

自由と繁栄の弧




http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html

さて皆さん、本日は「価値の外交」という言葉と、「自由と繁栄の弧」という言葉。どちらも新機軸、新造語でありますが、この2つをどうか、覚えてお帰りになってください。

 我が国外交の基本が、日米同盟の強化、それから中国韓国ロシアなど近隣諸国との関係強化にある。――このことは、いまさら繰り返して申し上げるまでもありません。今回申し上げますのはその先、日本外交に、もう一本さらに新機軸を加えようということであります。

 第一に、民主主義、自由、人権法の支配、そして市場経済。そういう「普遍的価値」を、外交を進めるうえで大いに重視してまいりますというのが「価値の外交」であります。

 第二に、ユーラシア大陸の外周に成長してまいりました新興の民主主義国。これらを帯のようにつなぎまして、「自由と繁栄の弧」を作りたい、作らねばならぬと思っております。


(中略)

我が日本は今後、北東アジアから、中央アジアコーカサストルコ、それから中・東欧バルト諸国までぐるっと延びる「自由と繁栄の弧」において、まさしく終わりのないマラソンを走り始めた民主主義各国の、伴走ランナーを務めてまいります。

 この広大な、帯状に弧を描くエリアで、自由と民主主義市場経済法の支配、そして人権を尊重する国々が、岩礁が島になり、やがて山脈をなすように、ひとつまたひとつ、伸びていくことでありましょう。

 その歩みを助け、世界秩序が穏やかな、平和なものになるのを目指すわけであります。