鹿児島2区選挙無効事件

社会

鹿児島2区選挙無効事件

かごしまにくせんきょむこうじけん

日本の大審院(現在の最高裁判所に相当)が1945年3月1日に下した判例

1942年4月30日投開票の第21回衆議院議員総選挙は、多くの選挙区1940年に結社禁止を命じられて非合法組織化していた一部政党を除く全政党が自発的に解散し、再結成した大政翼賛会衆議院における院内会派である翼賛議員同盟の推薦議員と非推薦の無所属議員が争う構図となったことから「翼賛選挙」と呼ばれていた。

この内、鹿児島県第2区(定数4)より翼賛議員同盟非推薦候補として出馬し、落選した冨吉榮二は選挙において推薦議員を当選させるため政府や軍の主導により露骨な干渉や非推薦議員選挙活動に対する妨害が行われていたとして、選挙の無効を訴えて提訴した。

選挙から3年後の1945年3月1日に大審院第3民事部(吉田久裁判長)は冨吉の訴えを全面的に認め、翼賛選挙は自由で公正な選挙ではなく、規定違反の選挙は無効となる旨を定めた衆議院議員選挙法第82条に違反し無効であるとの判決を下した。この判決を受けて、3月20日に鹿児島2区のやり直し選挙が行われている。

原告の冨吉は戦後に日本社会党へ入党し、芦田内閣逓信大臣を務めたが1954年9月26日の洞爺丸事故で遭難し、帰らぬ人となった。また、判決文は長らく所在が不明となっており戦災で消失したものと見られていたが2006年に最高裁判所の倉庫で61年ぶりに発見された。