スマートフォン用の表示で見る

鹿取義隆

スポーツ

鹿取義隆

かとりよしたか

80年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は29→26番。

1957年3月10日生まれ。 高知県出身。

高知商業高校で1974年夏の甲子園出場。

卒業後、明治大学に進学し、東京六大学野球通算21勝を挙げる。

1979年ドラフト外読売ジャイアンツに入団。

1987年には、63試合のリーグ最多登板でジャイアンツリーグ優勝を支えた。


1990年西岡良洋との交換トレードで西武ライオンズに移籍。

同年、ファイアマン賞を受賞。

潮崎哲也杉山賢人と共にリリーフ三本柱としてライオンズ黄金時代に貢献。

1996年、セーブポイントの日本記録を樹立。

1997年、現役引退。現役通算755試合に登板。

2001年、米国マイナーリーグへコーチ留学。

2002年、読売ジャイアンツヘッドコーチに就任。

2003年、退団。

2005年、茨城ゴールデンゴールズヘッドコーチに就任。1年で退団。

2006年、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表ヘッドコーチに就任。


現在は野球解説者の側ら、マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手として活躍。


息子は鹿取真央