スマートフォン用の表示で見る

竺法蘭

社会

竺法蘭

じくほうらん

竺法蘭(じくほうらん、生年不詳〜没年不詳)

中国に初めて仏教を伝えたといわれるインドからの渡来僧。後漢の明帝の時、洛陽白馬寺に住し、四十二章経などを漢訳した。