七人の恋人

一般

七人の恋人

しちにんのこいびと

大人計画宮藤官九郎が作・演出を手掛ける「ウーマンリブ」のvol.9公演。 2005年10月〜11月、東京大阪で上演され、人気を博した。

出演者は、大人計画阿部サダヲ三宅弘城少路勇介星野源宮藤官九郎、ゲスト/尾美としのり田辺誠一、の計7人。 「恋愛」をテーマとした7本のショートストーリーで構成され、上記7人だけで、子供・女性・老人・犬 等を含めた登場する者すべての役を演じ分けた。


内容は、「芝居」というよりは、むしろ「コント」。 宮藤が、『木更津キャッツアイ』 『池袋ウエストゲートパーク』 『タイガー&ドラゴン』 『GO』 『ピンポン』 『真夜中の弥次さん喜多さん』等の超人気ドラマ・映画の脚本ばかりでなく、たとえば『笑う犬』シリーズ等、お笑い番組の脚本も数多く担当していたことを思えば、こういう「芝居」と「コント」の融合作品もまた、宮藤官九郎らしい、と言えるだろう。

かつての『シャボン玉ホリデー』や『8時だヨ!全員集合』等に見られたような、生バンドの演奏(宮藤・三宅・星野による)も楽しい。

馬鹿馬鹿しくて くだらない中に、宮藤一流の「毒」も健在。


出演者たちは、それぞれに、適材適所。

大人計画阿部サダヲは、あいかわらず芸達者で、抜群の存在感。 三宅弘城は 打たれ強く、少路勇介は 鋭く、星野源は なごみ系、宮藤は 女の子役が似合う。

ゲスト/尾美としのりは、かすかな恥じらいが好もしく、田辺誠一は、逆に、照れも恥じらいもかなぐり捨てて、二枚目を演じているのが興味深い。


あいかわらずの人気で、チケットが手に入りにくい「大人計画」公演だが、このたび、この『七人の恋人』が、主催公演では初めてDVD化されることになった。「大人計画」(ウーマンリブ)の魅力を自分の眼で確かめたい方は、ぜひ、お試しあれ。(発売:2006/5/3 販売元:ユニバーサルミュージック 定価:5000円)


≪七人の恋人≫Seven Love Stories

   1 FIRST・KISS

   2 ナンバーワン・イン・ザ・UNKO

   3 マタニティ堀内

   4 ほとんど×三宅マン

   5 SHOW-Z.com

   6 むねさん

   7 七人の恋人

作・演出=宮藤官九郎

出演=阿部サダヲ三宅弘城少路勇介星野源宮藤官九郎尾美としのり田辺誠一

会場=下北沢本多劇場(2005/10/15-11/13) 

     大阪厚生年金会館芸術ホール(2005/11/15-11/19)


[最終編集:2006/4/30]