七味ごま

七味ごま

しちみごま

リノール酸オレイン酸といった不飽和脂肪酸たんぱく質鉄分などを豊富に含んだ胡麻に、「善光寺名物 七味唐からし」(八幡屋礒五郎)を配合したごま。胡麻の香りと七味のピリリとした辛さは、ふりかけるだけで料理をぐっと引き立てる。

そば、うどんなど和洋問わず、いろいろな料理に使用。


八幡屋礒五郎の歴史

 八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)は江戸時代(元文年間)の創業より二百八十余年。連綿と、また忠実に受け継がれ、愛されてきた小店の七味唐からしは、善光寺名物中最古のもの。 御高礼前で販売し、卓絶な風味は善光寺詣りの手形とまで云われている。

 当地売り出しの由来は、善光寺正月行事の献立中に、唐辛子を色彩りとして供応された事に因み、 また、往古健胃剤として調製されたと伝えられている。