スマートフォン用の表示で見る

失神ゲーム

ゲーム

失神ゲーム

しっしんげーむ

Choking Game、Fainting Game

小中学生の間で流行している、相手に体の一部を強あく圧迫してもらい意識が薄れる感覚を楽しむ極めて危険なゲーム。

脳への酸素流入を意図的に妨げることで、失神や幸福感を味う。酸素欠乏に至る方法として自ら「低二酸化炭素血症」になる方法と「首を締める」方法がある。

古くは40年前から口コミで流行を繰り返してきているらしい。

いじめや傷害事件の言い訳になることも多く、欧米では死者も出ている。