スマートフォン用の表示で見る

室賀正武

社会

室賀正武

むろがまさたけ

日本の戦国時代信濃国の武将。最初は武田家に仕えていたが、後に真田家に仕えた。

しかし、真田昌幸とは反りが合わず、徳川家康と内通して昌幸暗殺を計画したが、返り討ちに遭った。一族・子孫はそのまま落ち延び、家康に仕えたという。