スマートフォン用の表示で見る

室戸阿南海岸国定公園

地理

室戸阿南海岸国定公園

むろとあなんかいがんこくていこう

四国東南端に位置し、北は徳島県橘湾から南は高知県室戸岬一帯までの海岸線延長200kmに及び、海食、隆起、沈降作用による変化に富んだ海岸景観を主体とし、海洋性レクリエーションも盛んな公園です。

  • 展望景観の優れた室戸岬半島部では見どころが多く、室戸岬は日本八景にもなっており景勝地としてよく知られています。
  • また、岬一帯で見られる暖温帯林と海浜植生は学術的価値が極めて高く、アコウやウバメガシ、アオギリ、ナチシダ等は国の天然記念物にも指定されています。

http://www.pref.kochi.jp/~kankyou/kouen/muroto.html高知県公式ホームページより

蒲生田岬から日和佐にかけて海食崖が続き、特に千羽海岸は240mを超える断崖がある。

近年、近辺の海域では、人為的な影響等により、熱帯魚サンゴ等を中心とする豊かな海洋生態系が損なわれてきていることが問題視されている。