湿式情報ストレージ

コンピュータ

湿式情報ストレージ

しっしきじょうほうすとれーじ

[英] wet information storage

湿式情報ストレージとは、液体を使った記憶媒体技術のこと。

ミシガン大学とニューヨーク大学研究者チームが研究している。

概要

液体中に浮遊しているナノ粒子のクラスタにデータを記録する。クラスタとしてくっついている粒子の配列を変えることで、保存されているデータの内容を変更するという仕組み。

4つの粒子で構成されるクラスタでは、従来のコンピュータで扱っている1ビットのデータを記録できるという。クラスタを構成する粒子の数を増やすほどに、1クラスタで扱えるデータ量は増えていって、クラスタに12コの粒子がくっついていると、その配列は800万ほどの組み合わせとなり、記憶できるデータ量も2.86バイトになるという。

最大のポイントは、この粒子がとても小さいことと、液体の中でデータを記録できる、ということである。

研究チームのシミュレーションによれば、粒子12コで構成されたクラスタを3%の割合で含む溶液がテーブルスプーン1杯あれば、そこに1TBのデータを保存することができるのだという。

もっとも、ナノ粒子のクラスタにデータを記録できることがわかっただけで、どうやってデータを読み書きするかとかそういう部分はこれからの研究だという。

液体にわずかなナノ粒子を混ぜ込むことで情報を記録できるようになったら、単純なストレージとして利用する以外にもいろいろと使い道があると見込まれている。。