スマートフォン用の表示で見る

実吉達郎

読書

実吉達郎

さねよしたつお

1929年広島県呉市生まれ。動物作家。

東京農業大学卒業後、三里塚御料牧場野毛山動物園勤務を経て、1955〜62年までブラジルに在住。 移民生活をしながら動物研究を行う。 帰国後、動物ライター、ノンフィクションライターとして活躍。

動物文学会会員、自由ケ丘アカデミア学院長、日本動物植物専門学院講師、日本シャーロック・ホームズクラブ会員。

著書は「動物故事物語」(河出書房新社)、「キリンの首はなぜ長いのか」(PHP研究所)など70冊に及ぶ。

空想動物にも詳しく、UMAという言葉を提唱したことでも知られる。ミュージシャン、さねよしいさ子は娘である。