スマートフォン用の表示で見る

篠ノ井駅

地理

篠ノ井駅

しののいえき

篠ノ井駅 JR東日本(篠ノ井線)・しなの鉄道(しなの鉄道線)

長野県長野市篠ノ井布施高田に存在する、JR東日本しなの鉄道の共同使用駅。

JR信越本線・JR篠ノ井線・しなの鉄道が通り、長野新幹線の線路が通過する形で駅を通っている。

1997年、信越本線の篠ノ井駅〜軽井沢駅間が「しなの鉄道」に移管したことにより「JR東日本」と「しなの鉄道」の境界駅となった。

戸籍上はしなの鉄道線・篠ノ井線の終点となっているが、全列車が長野駅方面へ直通運転している。

2面3線の地上駅。駅の管理はJR東日本が行っており、みどりの窓口が設置されている。自動改札導入済み。なお、この自動改札にはしなの鉄道線のきっぷも投入できる。

長野オリンピックの開閉会式の会場となった南長野運動公園多目的競技場(長野オリンピックスタジアム)の最寄り駅である。

>> 路線案内 JR東日本 <<

信越本線

篠ノ井線

料金が別途かかる列車
特急(ワイドビュー)しなの

>> 路線案内 しなの鉄道 <<

しなの鉄道線


○ リスト:駅キーワード
○ リスト:駅つきキーワード