スマートフォン用の表示で見る

篠塚和典

スポーツ

篠塚和典

しのづかかずのり

プロ野球読売ジャイアンツの選手・コーチ。 旧名、篠塚利夫

通称「打撃の職人」。

右投左打、ポジションは二塁手背番号は37→6番。

ユニフォームの表記は「SHINOZUKA」。

1957年7月16日。東京都豊島区生まれ。千葉県銚子市出身。身長178cm、体重70kg。

銚子商業高校で1974年に春・夏連続で甲子園に出場。夏の大会では優勝を果たし注目を集める。

1976年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。

流し打ちの名手で、選球眼の良さは随一。1984年1987年と2度の首位打者に輝く。

また、守備にも定評があり、ゴールデングラブ賞4度受賞。

80年代を代表する二塁手であり、読売ジャイアンツ史上最高の二塁手に数えられる。

主に2番打者として、80年代のジャイアンツを支えた。

1991年、「和典」に改名。

1994年、長嶋茂雄監督初の日本一を手土産に、現役引退。生涯打率.304は歴代11位。

1995年、打撃兼内野守備コーチに就任。

2002年、総合コーチに就任。三塁コーチとして手腕を揮った。

2003年、退団。


その後は日本テレビ解説者の側ら、マスターズリーグ札幌アンビシャス福岡ドンタクズ及びモルツ球団の選手として活躍。


2006年、野手総合コーチとしてジャイアンツに復帰。