篠島秀雄

スポーツ

篠島秀雄

しのじまひでお

戦前のサッカー選手。

1910年1月21日生まれ、栃木県出身。

東京高等学校東京帝国大学でプレー。帝大では、1930年度主将として東京カレッジリーグ5連覇を達成、黄金時代を築く。

また同年には第9回極東選手権大会に出場、中華民国戦でゴールを決め、初の極東制覇。

卒業後、三菱化成工業に入社。取締役社長、三菱化成生命科学研究所初代代表取締役、日本経営者団体連盟副会長まで務めた。

日本協会では、20年以上にわたり常務理事理事長、副会長を務めた。

会長就任を望む声も強かったが、病気もあり、高校・大学以来の友人平井富三郎を推し、1975年退任。副会長時代は関東協会会長も兼ねる。

また、1968年テレビ東京三菱ダイヤモンドサッカー」の放映を開始。

1969年藍綬褒章1975年勲一等瑞宝章

1975年逝去。

2006年、第2回日本サッカー殿堂入り。



* リスト::サッカー選手