芝池博明

スポーツ

芝池博明

しばいけひろあき

70年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は23→11→13→30番。

1946年6月21日生まれ。兵庫県出身。

滝川高校1964年夏の甲子園に出場し、2回戦に進む。

専修大学に進学し、エースとして活躍。通算41勝は東都大学野球の最多勝利記録。

全日本大学野球選手権優勝に貢献した。

1969年ドラフト5位で近鉄バファローズに入団。

1973年、金銭トレードで太平洋クラブライオンズに移籍。

主にリリーフ投手として登板。


1975年土井正博との2対1の交換トレードで、柳田豊と共に近鉄バファローズに移籍し、古巣復帰。


1977年、白滝政孝?との交換トレードで中日ドラゴンズに移籍。

1978年、現役引退


マスターズリーグ大阪ロマンズの選手としても活躍。

2005年、大阪ロマンズのコーチに就任。