スマートフォン用の表示で見る

舎人親王

一般

舎人親王

とねりしんのう

舎人親王(676?-735)

崇道尽敬皇帝尽敬天皇とも。

天武天皇の皇子。母は天智天皇皇女新田部皇女

太政官事、勅により『日本書紀』を編纂*1、死去に際し贈太政大臣

その子大炊王即位して淳仁天皇となったため、崇道尽敬皇帝追号を追封。


子孫

舎人親王の子孫に臣籍降下して清原朝臣の姓を賜ったものがいる。清少納言(清原元輔女)などはその一族である。

*1:実際は藤原不比等が主導していたのではないかという説もあるが、どのみち舎人親王藤原氏寄りの存在であった。