社会言語学

一般

社会言語学

しゃかいげんごがく

社会言語学(しゃかいげんごがく)は、言語を社会との関わりで見ようとする言語学の一分野。


例えば、話者の生活する地域、階級、性別、など様々な社会的要因との相関で言語の多様性を見ようとする。近年はそのようなマクロ的な社会的属性との関わりだけでなく、会話などのコミュニケーションを社会的な営みととらえ、そこに見られるやりとりを分析の対象とするミクロ的なアプローチもある。社会科学的な関心の有無によって大別されるともいえる。


現在、社会言語学の名のもとでおこなわれている研究の内容はきわめて多様であり、社会言語学を単純に定義することは困難である。そうした学界の状況は、たとえば「社会言語学会」が存在しないことにもあらわれている。