スマートフォン用の表示で見る

社会主義協会

社会

社会主義協会

しゃかいしゅぎきょうかい

かつての日本社会党にあった党内派閥の1つ。労農派マルクス主義の理論研究集団だった。1951年に結成され、分裂と結集を繰り返していたが、1996年の社会党分裂時に、協会員は社会民主党新社会党民主党に分散して所属することになった。その後、新社会党系協会員のグループは離脱して別のグループを結成した。