社会人野球日本選手権大会

スポーツ

社会人野球日本選手権大会

しゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい

社会人野球日本選手権大会は、公益財団法人日本野球連盟毎日新聞社が主催し、毎年10月から11月にかけて行われる、社会人野球日本一を決める大会。

日本選手権大会」、「社会人野球日本選手権」などとも言う。

会場

かつては関西圏の球場を転々としており、阪神甲子園球場大阪球場グリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)を経て、1997年から大阪ドームで固定された。

試合形式

全試合がトーナメントにより行われるが、都市対抗野球との相違点は、補強制度が無く、単独チームでの対戦となる。

出場チーム

通常大会では32チーム、記念大会では34チームが本選に出場できる。出場枠は以下の通り。

  • 推薦

同年の都市対抗野球大会優勝チームと全日本クラブ野球選手権大会優勝チームは自動的に出場権を獲得できる。

  • 対象JABA大会優勝

同年の北海道、東北、日立市長杯、東京スポニチ長野県知事旗、静岡ベーブルース杯、京都岡山四国九州の各大会優勝チームは出場権を獲得できる。

  • 各地区最終予選枠

本選出場枠から、推薦枠、対象JABA大会優勝枠を差し引いた分が予選枠となる。なお、都市対抗野球大会全日本クラブ野球選手権大会、対象JABA11大会において、1チームが複数大会に優勝した場合、当該チームが所属する地区の最終予選枠に該当分が加わる。

沿革

かつて、夏に都市対抗野球、秋に産業対抗野球と、社会人野球の二本柱といえる大会は、いずれも選手の補強制度をとっていた。その数年前から「単独チームで争う選手権大会を」という声が高まり、日本社会人野球協会(現・日本野球連盟)で検討していた。

設備投資技術革新によって高度成長を果たしてきた日本経済に陰りがみえ、産業構造に変化がきたしはじめると、鉄鋼、鉄道炭鉱自動車百貨店・商業といった部門で争う産業対抗野球は、部門の区分けがあいまいな面が現れ、各地から選手を補強するのが難しく、チーム編成が困難な部門も出てきた。

この大会自体「単独チームでやっては」という意向もあったが、1973年の第23回大会を最後に産業対抗野球は発展的解消し、翌1974年10月28日、社会人野球日本選手権大会として、阪神甲子園球場で行われることになった。

その後、第7回大会から大阪球場、第17回大会からグリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)、第24回大会からは大阪ドーム(現・京セラドーム大阪)に舞台を移し現在に至る。