スマートフォン用の表示で見る

社会党

キーワードの候補

2件

社会

社会党

しゃかいとう

政党

現在の社会民主党略称社民党)の前身である、日本社会党のこと。(1945年-1996年)

社会主義反原発自衛隊反対の主張を行っていた。55年体制に入ってからは万年野党、反対するだけの政党と化した。

1945年 片山哲を中心として結党。

1947年 第一党となり、(当時の)民主党国民協同党と連立し、片山内閣が誕生。(1947年-1948年

1950年 右派右派社会党)と左派左派社会党)に分裂

1955年 右派右派社会党)と左派左派社会党)が再統合。いわゆる55年体制の始まり。

1960年 右派勢力の一部離脱し民主社会党民社党)を結成

1977年 右派勢力の一部が社会民主連合社民連)として離脱

1993年 細川護煕連立政権に参加

1994年 細川護煕首相辞任後の後継に、羽田孜新生党党首が選出されるも、その後の会派「改新」騒動で社会党は連立を離脱。

少数与党羽田内閣が2ヶ月で退陣し、委員長村山富市を首班とする自社さ連立政権発足。

1996年 1月の党大会で党名変更を決定。一連の路線変更に反対した一部が新社会党として離脱。

3月の臨時大会で「社会民主党」に党名変更。党首に村山富市、副党首に野坂浩賢

その後、新党さきがけとの新党構想が浮上し、ぎりぎりまで丸ごと合併で話が進むが最終的に決裂。、社民党は分裂する。

1998年5月 自社さ連立政権から離脱

そのまま総選挙に望み敗北。少数政党となった。新党首に土井たか子社会党委員長が就任。

2003年 第43回衆議院総選挙での惨敗を受け、福島瑞穂参院議員が党首に就任した。

社会党時代からの党本部を手放すなど、現在は党の存続すら危うい危機的な状況にある。

社会

社会党

しゃかいとう