社内カンパニー

社会

社内カンパニー

しゃないかんぱにー

社内カンパニーは、企業の形態の一種で、1つの企業を、事業分野ごとに独立性を高めた複数の企業の集合に見立てて組織すること。

事業部制市場原理を導入して、独立会社により近づけた形態であり、事業部制より独立性が高く、事業成果が明確となる。一定の基準で損益計算書貸借対照表を作って会計上完全に独立した事業体として管理し、投資などの決裁権限も与えられる。

意志決定や実施がスピード化され、事業利益の明確化などのメリットがある。

しかし、1997年純粋持株会社が認められたことで、カンパニー制から持株会社への移行が進んでおり、社内カンパニー制を採用する企業は相対的に減少している。