謝ったら死ぬ病

一般

謝ったら死ぬ病

あやまったらしぬびょう

社会通念上、謝罪するべき場面において謝罪を行わない人物や組織を指す呼称。「謝ったら死ぬ病気」とも。2010年代の日本で思想信条問わず猛威を振るった流行病として知られる。

発症例: