車イスバスケ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

車椅子バスケットボール

くるまいすばすけっとぼーる

主に下半身などに障害をもった車イス利用者によるバスケットボールパラリンピックの公式種目となっている。

特徴

通常のバスケットボールとの違いは、ドリブル。

車イスバスケではボールをヒザに乗せたままドリブルする。

車椅子バスケには「ダブルドリブル」がない。

車イスバスケにおけるドリブル制限は、車輪をこぐ回数制限あること。

プレーヤーの障害に応じて、1.0〜4.5までのクラス分けがあり、チームは14点以内に編成しなければならない。

このルールのため、障害の少ないプレーヤーも障害が大きなプレーヤーも等しく出場機会がある。

車椅子バスケは夏季パラリンピック公式種目。英語:wheelchair basketball

1975年日本車椅子バスケットボール連盟、設立

車椅子バスケを世に広く知らしめた作品に井上雄彦漫画「リアル」がある。