スマートフォン用の表示で見る

車掌弁

一般

車掌弁

しゃしょうべん

車掌室にぶら下がっていて、非常時に車掌ブレーキをかけるための弁。車掌は駅の到着、発車、通過時にこれに手をかけながらホームを監視し、いつでも列車を止める準備をしている。

自動空気ブレーキ車では制動管に取り付けられており、弁を扱うと制動管が減圧してブレーキがかかる。ただし減圧が遅れることがあるため、弁を扱った際にはブザーなどで運転士に非常制動手配をとるよう指示する。

電気指令式ブレーキ車ではブレーキ設定器と同じくスイッチとなっており、取扱うと非常ブレーキの指令が出る。このため、非常引きスイッチとも呼ばれる。