スマートフォン用の表示で見る

車輪の下

読書

車輪の下

しゃりんのした

ヘルマン・ヘッセ

1905年に発表。

周りの人々から期待され、その期待に踏み潰されてしまった少年を描いた、自伝的小説。