尺貫法

サイエンス

尺貫法

しゃっかんほう

尺貫法は、長さの単位として尺を、質量の単位として貫を用いる、日本古来の度量衡の体系。

1891年(明治24年)にメートル法との関係が定められ、1尺=10/33メートル、1貫=3.75キログラムとなった。

日本では、計量法により、一般的には1958年12月31日限りで、土地と建物の計量についのみ1966年3月31日限りで取引や証明に尺貫法を用いることは禁止された。計量法第8条、第173条第1号により違反者は50万円以下の罰金に処せられる。

ただし、「匁」は真珠の質量の単位として商取引上、国際的に使われているので、日本の計量法において、「真珠の質量の計量」にのみ使用することが認められている。