若菜嘉晴

スポーツ

若菜嘉晴

わかなよしはる

70〜90年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは捕手背番号は44→39→9→22→99番。

1953年12月5日生まれ、福岡県筑後市出身。

柳川商業高校*1から1972年ドラフト4位で西鉄ライオンズに入団。

1977年、一軍に定着。

1979年田淵幸一古沢憲司との2対4の交換トレードで、高校の同級生でもある真弓明信竹之内雅史竹田和史と共に阪神タイガースに移籍。

移籍後も正捕手として活躍し、同年、ダイヤモンドグラブを受賞。

1982年、退団。その後ニューヨーク・メッツ傘下3Aタイドウォーターのコーチ兼選手となる。

1983年、横浜大洋ホエールズで日本球界復帰。

近藤貞雄監督の下、ホエールズの正捕手を務める。

ウォーレン・クロマティとの駆け引きは有名であった。

1989年、近藤貞雄が監督に就任した日本ハム・ファイターズへ移籍。

1991年、現役引退。

引退後はTVK野球解説者を務める。また、台湾プロ野球のコーチを務めた。


1997年福岡ダイエーホークスバッテリーコーチを務め、城島健司を育てた。

2001年、タフィ・ローズ敬遠問題での発言の責任を取り、退団。


現在はTVQ九州放送J SPORTSの解説者、スポーツニッポン野球評論家。

また、マスターズリーグ福岡ドンタクズでも活躍中。

*1:現在の柳川高校