若松ボートレース場

スポーツ

若松ボートレース場

わかまつぼーとれーすじょう

若松ボートレース場は、福岡県北九州市若松区にあるボートレース場

所有者は北九州市で、施行者は北九州市中間市行橋市競艇組合。

1952年、当時の若松市によって開設され、同年11月11日に初開催が行なわれた。その後八幡門司戸畑小倉市との合併により北九州市に引き継がれる。

1953年、第1回全日本選手権競走が開催される。この事から競艇ダービー・発祥の地とも言われる。

マスコットキャラクターは「こひめちゃん」。「かっぱくん」「わかちゃま」「ひめちゃん」に続く4代目である。